月別アーカイブ: 2017年6月

告白された相手が同性だったとき

同性愛者について今日はつづってみたいと思います。
基本的に私の恋愛対象は異性でありますが、友人には同性愛者やバイセクシャルの方が何人かいて、彼らを見て特に偏見を思ったことはありません。
自分の子供たちがもしそうであっても、私は受け入れてあげたいと考えています。

そんな中、私の兄から相談を受けました。
何かと思えば、最近告白され、それが同性だったため非常に困惑しているとのことでした。
ずっと友人だった方から告白され、もし自分が同じ立場だったら確かに同様してしまうだろうなと思ってしまいました。
兄は、自分は異性を恋愛対象としているので、君とは付き合えないとはっきり断ったようですが、それでも今まで友人だったわけですから、
少なからず深い溝ができ、お互いにショックを受けている様子でした。
兄意外にはカミングアウトしていないとのことで、兄も誰にも話せず、つい私に話してきたのですが、「それはつらかったね」という他、私も
言葉がでてきませんでした。
そんなときはなんて言ってあげたらよいのでしょうか?
今だに正解がみつかりません。

<a href=”http://xn--mbtw7mn8ez2umpy.xyz/” target=”_blank”>http://xn--mbtw7mn8ez2umpy.xyz/</a>

私がとってもお勧めするバンド

私がお勧めするバンドはBUMP OF CHICKENというバンドです。
このバンドは四人で構成されており、ボーカル&ギターの藤原基央、通称藤くんが作詞作曲も手掛けております。
BUMP OF CHICKENの魅力は何と言といってもこの藤くんの声と詩です。
藤くんの声はハスキーでかっこよく、また特徴があるので彼らの歌を藤くんにしか、BUMP OF CHICKENにしか歌えない歌にしてくれます。
そして、私の好きなBUMP OF CHICKENの歌に「sailing day」という歌があるのですが、この歌の歌詞に大学受験を控えていた私は支えらえれました。
その歌詞は「たった一度笑えるなら何度でも泣いたっていいや」というものです。
模擬試験などで思っていたように成績が出ずそのたびに口惜しさと不安で泣いていた私でしたが、この歌を聴いたり思い出したりして合格して笑うためにもう少し頑張ろうと踏ん張ることができました。
今無事大学生活がおくれているのもこの歌とBUMP OF CHICKENのおかげだと思います。
つらいとき頑張らなくちゃいけないとき、もちろんそういうことがないときも皆さんBUMP OF CHICKENを聴いてみてください!人妻出会い系サイトの成功確率97%の秘策